転職したら給与が2割減った

こんばんは

 

本日、月の給与明細と一緒に「市民税・県民税の特別徴収税額決定通知書」が届きました。

そこには昨年の年収が・・・。

 

私、転職して2割以上給与が下がったのでこういった年収(=現実)を突きつけられる瞬間はとても胸が苦しくなります。

実際、半年前に源泉徴収票を見たときはびっくりしすぎて退職を申し出ました。

給与は2割減だけど、昨年は転職したばかりで夏のボーナスがなかった事もあり、実際は半分以下になったのです。

半分以下ってすごいですよ。

600万の年収の半額で300万円ですからね。

700万の年収で350万。800万の年収で400万。

もう何も考えられないくらいショックで、瞬間的に「辞めよう!」と思いました。そして実際上司に退職を申し出ました。

 

その後結局思いとどまったのですが。

今でも給与の事を考えると落ち込みます。

だって、新卒一年目の時の給与と同じくらいなんですもん。

 

なぜ退職を思いとどまったのかというと、今は英語を使った金融のお仕事ができるからなんです。

それだけです。

 

というのも私の英語力はTOEIC700点くらい。

でも、これで海外案件の担当者やっています。

毎日英語のメールや契約書と格闘しています。

去年の4月に入社した時は挨拶のメール一つ返信できなかったのに、今では簡単な要件ならささっと英語でメールが打てるようになりました。

文法や単語、表現が正解かどうかはわからないけど、それでも相手方ときちんと意思疎通できているし、語学が堪能な上司からは注意されないのでまぁまぁ仕事として成立するだけの文章はかけているんだと思います。

 

 

転職しないままでいたら年収は高かったかもしれないけど英語はここまで上達しなかっただろうな。

 

心からそう思うので(給料は下がったけど)転職した事を後悔した事は一度もありません。

 

給与明細を見て落ち込んだ時は、こんな風に「英語の仕事をさせてもらっている」事を考えるようにしていて、自分を励ましています。

幸い、今の会社は人数が少なく、自分が希望する研修やセミナーに比較的お金を出してもらいやすいのでそれを利用してどんどんセミナーを受けて英語と金融のスキルを伸ばしていきたいと思います。

 

このセミナーは3万だから。年収に3万プラスだ。

なんていつも計算してます。

 

どうせお給料を頂いてもほとんどが教育費で消えるので、お給料で頂くのと、セミナーを受けさせてもらうのとあまり変わらないですからね。

会社が認めてくれて、かつ自分自身が学びたい分野の研修やセミナー探しをもっと頑張ろう。

 

と同時に給与が低いからこそ、投資を頑張っています。

株だと値動きが少ないので、FXを始めました。

 

10万円の元手で取引しているので少額しか儲かっていないですが、非課税の範囲内の20万円を稼ぐのを目標にしています。

これで本当に結果が出たら、給与プラス20万円!!

投資も今までだらだらと続けてきましたけどお金にゆとりがある時はイマイチ身が入っていなかったのですが今は気合い入れてトレードしてます。

投資スキルももっと上げていきたいな。

大学院も行きたいし、そのためにはお金が必要ですからね。

 

よし!

ピンチこそチャンスだ!

 

勉強と投資、両方頑張ろう。